【麒麟がくる】岐阜関ヶ原古戦場記念館でドラマ使用甲冑を展示していました!

お出かけ

明智光秀の生涯を描いた、令和2(2020)年放送のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が終わって4ヶ月が経ちました。(令和3年2月までやっていましたからね)

麒麟ロスも日に日に薄れてくるかと思いましたが、麒麟企画があると聞くと今でも胸が熱くなります(o^^o)

そんな中、岐阜県関ケ原町にある「岐阜関ヶ原古戦場記念館」において、『麒麟がくる』劇中の甲冑が期間限定で見られるんです!

ズバリ、「戦国の主舞台(メインステージ)、美濃を駆け抜けた武将たちの甲冑展」です。

令和3年6月1日〜令和3年8月1日の期間中、事前予約なしで無料で見られます

出陣じゃー!

今回は岐阜関ヶ原古戦場記念館で開催された『戦国の主舞台(メインステージ)、美濃を駆け抜けた武将たちの甲冑展』で展示された甲冑をご紹介したいと思います。

どうぞお付き合いくださいませ♫

(よろしければこちらの記事も参考に↓)

【麒麟ロス】麒麟がくる ぎふ可児大河ドラマ館総集編!

スポンサーリンク

岐阜関ヶ原古戦場記念館の基本情報

★住所:〒503-1501 岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原894-55

★TEL:0584-47-6070

★開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

★休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29~1/3

★入館料:

  • 大人→500円
  • 高大生→300円
  • 中学生以下→無料

★駐車場:あり(無料)

★コロナ対策:事前予約制(当日空きがあれば入れるようです)

★公式サイト:岐阜関ヶ原古戦場記念館

「戦国の主舞台(メインステージ)、美濃を駆け抜けた武将たちの甲冑展」

岐阜関ヶ原古戦場記念館1階の広域観光情報コーナーで、『麒麟がくる』の撮影で出演者の方が着用し、実際に使用された武将の甲冑が見られます!

展示されているのは7人の武将の甲冑です。

甲冑に向かって、右から順に

  • 藤田伝吾
  • 徳川家康
  • 織田信長
  • 明智光秀
  • 斎藤道山
  • 豊臣秀吉
  • 明智左馬助

のように並んでます。

さっそくご紹介しますね(^^)

藤田伝吾

徳重聡さん演じた藤田伝吾の甲冑です。

徳川家康

風間俊介さん演じた徳川家康の甲冑です。

織田信長

染谷将太さん演じた織田信長の甲冑です。

明智光秀

長谷川博己さん演じた、我らが明智光秀の甲冑です。

斎藤道山

本木雅弘さん演じた、美濃の蝮(まむし)斎藤道山の甲冑です。

豊臣秀吉

佐々木蔵之介さん演じた、豊臣秀吉の甲冑です。

明智左馬助

間宮祥太朗さん演じた、明智左馬助の甲冑です。

七体の甲冑が揃うと、なんとも言えないゾワゾワワクワクとした気持ちがします。

「はぁ〜(ため息)」

またいちから『麒麟がくる』を観たくなりました。

まとめと感想

以上ここまで『【麒麟がくる】岐阜関ヶ原古戦場記念館でドラマ使用甲冑を展示していました!』をお届けしました♪

もう大河ドラマ館も閉館してしまい、『麒麟がくる』には会えないかと思っていたので、想定外の勢揃いに嬉しくなりました。

7月いっぱい(正確には8/1までですが)は関ヶ原で見られるので、もし私と同じ麒麟ロスの方、戦国ファンの方に見ていただけるとますます嬉しいです♪

そんな方々のお役に立てるとこの上なく嬉しいです。

よろしければ足を運んでみてくださいね。

最後までお付き合いくださってありがとうございました♫

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました