『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の入場特典とポップコーン紹介!親子で感涙しました!(ネタバレちょっとあり)

コロナ禍で公開が延期になった2020(令和2)年のドラえもん映画『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が、8月7日金曜日に公開されましたね!

「待ってましたー!」\(^o^)/

折りしも今年はドラえもん連載開始から50年、映画40作目、公開日の8月7日はのび太くんの誕生日(永遠の少年だけど)とのことで、アニバーサリー映画ですね♪

今回は、コロナ禍も吹き飛ばす記念すべきドラえもん映画『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の入場者プレゼントや限定ポップコーン(のカップ)、ネタバレちょっとアリの感想をお伝えしたいと思います!

予告編↓

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト

スポンサーリンク

あらすじ&感想(ネタバレあり)

ここからは一部ネタバレを含みます!必要がない方は飛ばしてくださいね!

あらすじ

のび太は化石発掘体験で見つけた1つの化石を恐竜の卵だと信じて疑わず、タイムふろしきで孵そうとします。

その化石がまさかの新種の恐竜の卵で、しかも双子の恐竜!

キューとミューと名付けた双子の恐竜を一生懸命に育てるのび太ですが、現代で育てるには限界が来てしまいます。

のび太とドラえもんは、キューとミューを元の時代へ返そうと、いつもの仲間たちと一緒に6,600万年前の白亜紀へキューとミューの仲間を探す旅に出ます。

そこでのび太たちを待ち受けていたものは・・・。

恐竜が絶滅した6,600万年前の白亜紀で繰り広げられる大冒険、いつものメンバーとキュー、ミュー、恐竜たちとの触れ合い・・・歴史は彼らが作ったかも!?

感想と感動ポイント

私と子供たちの感想と感動した場面をご紹介します♬

キューとミューの個性

とにかく、キューとミューがかわいい!

のび太の気持ちを理解しようとしたり、「悔しい」「嬉しい」という感情を表現したりするキューとミューは、まるで子供たちそのもの(o^^o)

育児をされているという監督さんの思いが反映されているように感じました。

キューとミューが成長すると2匹の個性が際立ってきて、まるで恐竜ののび太としずかちゃんを見ているようでした。

物語の重要なポイントである、のび太とキューがそれぞれ「できないことをできるように努力する」場面は、心から応援したくなります。

いいぞ、その調子だー!!

CGの恐竜が迫力満点

TVCMでもちょっと見られますが、白亜紀(ちょっとジュラ紀)の恐竜たちが雄大な大自然やジャングルの中にいる映像が、本当に圧巻です!

これまでのドラえもんの恐竜映画とは一線を画しているように思いました。

まるで自分たちが恐竜になって、走ったり飛んだりしているようなアングルもイイです!

のび太とキューのピンチを救ったのはあの恐竜!?

お話の中で、のび太とキューが海に落ちてしまってピンチ!というときに、助けてくれた恐竜がいました。

「ピーッ!」と鳴く、フタバサウルスです。

もうおわかりですよね(^^)

他にも『のび太の恐竜』の名ゼリフ「ナウマン象のう◯こ」も出てきます。

ぜひ、ご確認くださいね♪

ミスチルの歌

今回の映画の話題のひとつに、主題歌をMr.Childrenが提供しているっていうのがありますよね。

これ、もうほんとグッジョブ!!

エンドロールの背景描写と主題歌の「Birthday」に、感動で涙が止まりませんでした(;ω;)

毎日誰かの、あなたの誕生日。それを積み重ねて長い長い地球の歩み(宇宙はもっと長いですね)になった・・・と語られている気持ちになります。

映画を観た5歳の長男が「この歌いい。でもちょっと涙が出る」と話すほど、心の琴線に触れるんです。

こちらの予告編、ただ今我が家で連続再生中↓

パンフレットは遊べる!

劇場で買えるパンフレットは、最近のアニメのパンフレットらしくシールなどで遊べます。

貼ろー!新のび太。

レジ横にお詫びと訂正のお知らせが掲示してあって、「ご確認ください」とのことでした。

公開延期になったから、いろいろ大変ですね。

その場で読んでも覚えられないσ(^_^;)

入場者プレゼントは5種!中身は・・・

入場者プレゼントのまんがBOOKは、全部で5種です。

3人で行ったので、3冊いただきました。

中は恐竜図鑑や登場人物紹介、道具紹介、映画に出てくるものに関わりがあるまんがが載ってます。

中身がみんな違うんです。

コンプリートしたくなります。

限定ポップコーン(ボックス)

こちらはドラえもんのポップコーンボックスです。

映画館でいただく、あのポップコーンがスポッと入ります。

塩味
キャラメル味

外観はこんな風です。

3月6日大公開!のはずでしたね

私が小さなころは、ドラえもん映画を観にいくと映画のサンバイザーのような被り物をいただきましたが、今はないんですね(←古すぎ)。

ドラえもんの新しい映画様式

映画館に掲示されていた、「ドラえもんの新しい映画様式」です。

スネ夫くんシルエットだけ?

いちいち、かわいすぎ!!

ところでドラえもんは耳がないけど、どうやってマスクをつけて固定しているのかしら?

まとめ

ここまで『映画ドラえもん のび太の新恐竜 の入場特典とポップコーン紹介!親子で感涙しました!(ネタバレちょっとあり)』をお届けしました♪

笑いあり、涙あり、感動ありの映画でした。

ドラえもん連載開始から50年、映画40作目・・・ドラえもんって本当に長いですね。

のび太とキューの成長が、恐竜絶滅へのカウントダウンに大きな意味を持ちます。

個人(個体)の小さな成長が、地球の未来を左右する1歩となる・・・そんなことを感じさせてくれる映画でした。

何度も観たくなりました(多分また観にいくかな)♬

オススメですよー♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました